妊娠初期に便秘になりやすい原因とは、

ホルモンバランスの変化
黄体ホルモンの増加で、妊娠状態を維持する働きが体の栄養を蓄えようとします。
その為に体全体の代謝が低く栄養を逃がさないように腸のぜん動運動を鈍くさせ便秘を引き起こします。
さらに体内の水分も蓄えようと便が硬くなってしまいます。

妊娠中の食生活の変化
つわりによる食欲減や食事に偏りが生まれることで食物繊維や水分が不足して便秘を引き起こします。

体調や生活の変化で起こるストレス
体調の変化などで疲れを感じやすくなり、ストレスで自律神経が乱れ、腸の働きが弱くなり便秘を引き起こします。

妊婦さんは、とても辛い時期

妊娠中の妊婦さんの便秘

女性は男性に比べて便秘になりやすいと、言われています。

特に妊娠初期は便秘になりやすく、妊婦さんは、とても辛い時期です。
妊娠前には便秘に悩まされたことがない人でも便秘になってしまいます。

妊娠中は、体に様々な変化が現れます。

妊娠中は、4、5日に1度の排便から長い方で2週間も排便がない方もいらっしゃいます。

便秘の影響で体調不良を招いてしまうこともありますので妊娠中の便秘は早めに解消しましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です